[管理]
2018年   6月   
sun mon tue wed thu fri sat
 1
ほんごさとこ(vo),後藤浩二(p) デュオ
 2
Lydian レクチャーライブ第3回 スタンダードメロディの秘密2
 3
お休み
 4
お休み
 5
名知玲美(vo)
 6
シーネ・エイ(vo),ヤコブ・クリストファーセン(p) デュオ
 7
斉田佳子(vo)
 8
田窪寛之(p)トリオ
 9
昼:谷口英治初心者向けジャズセミナー 第3回
10
お休み
11
纐纈歩美(as)トリオ
12
山本玲子(vib)トリオ
13
ジーン下里(gt) スペシャル・クインテット
14
Masayo(vo) 7th solo album "Contigo" 発売記念ライブ
15
黒木美紀(vo)/三好功郎(g)デュオ
16
昼:swingセミナー
夜:青木タイセイ(tb)カルテット
17
昼:村田千紘(tp)トリオ
18
お休み
19
寝占 友梨絵 (vo)/瀬田創太(p)デュオ
20
Bossa Eterna(犬塚彩子/山口夏実)
21
お休み
22
Oya-Z's(田口理恵/山野友佳子/多田誠司)
23
坂元杏理(vo)/瀬田創太(p) デュオ
24
お休み
25
お休み
26
アコースティック・ウェザー・リポート
27
Jam Session 佐藤まさみ(p)+中野優樹(b)
28
お休み
29
Jam Session 外谷東(p)/菅原正宣(b)
30
お休み


  2018-6-1(fri)  ほんごさとこ(vo),後藤浩二(p) デュオ
【member】
ほんごさとこ(vo),後藤浩二(p)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-6-2(sat)  Lydian レクチャーライブ第3回 スタンダードメロディの秘密2
【member】
解説:中川貴雄(マスター)
演奏:外谷東(p),山本裕之(b),山田剛史(ds)

【Show Time】
開店 17:00
1部 レクチャーライブ:17:30〜18:30
2部 通常ライブ   :19:00〜20:00 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,500円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 2月と4月に開催して好評をいただいたレクチャーライブの3回目です。今回は2回目に引き続き、スタンダードメロディの秘密「その2」と題してお届けします。

 スタンダードはほとんどはミュージカルや映画の劇中歌として作曲されたため、歌われた場面と歌詞の世界をどう音楽で表現するか、その場面に込められたストーリーや感情にマッチしたメロディをどう作るかが問われました。

 そのために作曲家達は様々な作曲技法を使い、シチュエーションを引き立てる、そして心に残る素敵なメロディを作り出しました。上方、下方への跳躍、半音低い音の効果的な使い方、モチーフを次第に発展させて曲の世界を変えていく手法などなど、名作曲家達の手練の技を解説します。

 何となくきれいなメロディだなと感じていた曲でも、そこに込められた作曲家のこうした技法や意図を知ることで、スタンダード曲の魅力をより深く理解いただけるようになると思います。下記の演奏予定曲を事前にyoutubeなどで聴いてからご参加いただくと、より理解が深まると思います。

 実際の演奏に入る前に、その曲で使われている特徴的なメロディとその作られ方を解説します。今回、このレクチャーの部分はマスター中川が担当させていただきます。ピアノトリオによる演奏は、前回同様に外谷東さんをリーダーとするピアノトリオです。

 通常ライブより少し早い時間帯になっているのでご注意下さい。

1 テンションと跳躍を使った独特の世界 −ブロニスラウ・ケイパー−
 ・Invitation
 ・On Green Dolphin Street
 
2 ブルージーなメロディ1 −ガーシュイン−
 ・Somebody Loves Me
・The Man I Love 

3 ブルージーなメロディ2 −ハロルド・アーレン−
 ・Stormy Weather
 ・Ill Wind

4 歌詞の世界を表現するメロディ作り 
 ・A Foggy Day(ジョージ・ガーシュイン)

5 モチーフ展開の技 
 ・So In Love(コール・ポーター)

▲top
  2018-6-5(tue)  名知玲美(vo)
【member】
名知玲美(vo)、青木弘武(p)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 人気ヴォーカリストの名知玲美さんがLydianに初登場します。名知さんは2013年度浅草ジャズコンテストヴォーカル部門でグランプリを獲得した実力派で、都内のライブ、全国ツァーを行っています。声はほんの少しハスキーで柔らかく、細かいフレージングまで神経が行き届いた実に気持ちの良い歌い方で魅了します。歌伴に定評のあるひっぱりだこの青木弘武さんとのデュオで、Lydianにサウンドを響かせてくれるでしょう。
▲top
  2018-6-6(wed)  シーネ・エイ(vo),ヤコブ・クリストファーセン(p) デュオ
【member】
シーネ・エイ(Sinne Eeg・vo),ヤコブ・クリストファーセン(Jacob Christoffersen・p)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:5,000円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

デンマークの美しき歌姫、シーネ・エイ(Sinne Eeg)のLydianでの公演が決定しました。2003年のデビュー以後、『Waiting For Dawn』('07年)、『Don’t Be So Blue』('10年)でデニッシュ(デンマーク)・ミュージック・アワード「最優秀ジャズ・ヴォーカル・アルバム」を二度受賞して注目を浴びました。晩年をデンマークで過ごしたサックスのレジェンド、ベン・ウェブスターの名前を冠した賞も、女性ヴォーカルで初めて受賞するなど数多くの実績があります。

 近年、北欧の女性ジャズシンガーが注目されていて、透明感のある声とナチュラルな唱法には、アメリカ人ヴォーカルとは違う独特の美しさがあります。中でもシーネ・エイの完璧な声帯コントロールから生まれる声質、表現力はワールドクラスだと感じます。さらにオリジナル曲の評価が高く、完璧なピッチで端正なメロディを紡ぎ出すスキャットにも特徴があります。

 ここ数年、毎年日本でツァーを行っていますが、どこも満席にしてしまう人気の持ち主です。動画音源を聴けるオフィシャルサイトでの視聴をお勧めします。長年伴奏パートナーを務め、リーダーとしての活動も注目されているヤコブ・クリストファーセン(p)とのデュオで息もピッタリです。今回のジャパンツァーを通じて東京で聴けるのはLydianだけ。是非お聴き逃しなく!

オフィシャルサイト:http://sinnemusic.com/

▲top
  2018-6-7(thu)  斉田佳子(vo)
【member】
斉田佳子(vo)、後藤浩二(p)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-6-8(fri)  田窪寛之(p)トリオ
【member】
田窪寛之(p),安田幸司(b),長谷川ガク(ds)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)

 田窪寛之さん(p)がトリオで3回目の登場です。どんなスタイル、どんな曲でも完璧に対応するため、サイドメンとしても大変に売れっ子の田窪さんですが、今回はリーダーでのトリオライブなので、オリジナル含め自身のカラーが出る演奏になるでしょう。

 ビル・エヴァンスが好きだという田窪さんの演奏の印象は、まず非常に端正なこと。揺るぎなく、とても整っていると感じます。音の使い方もリズムも、曲の枠組みに実に気持ちよくはまっています。

 もう一つは、フレーズが歌っていることですね。メカニカルにならず、あくまで自分の中で鳴った音を弾いていて、それが聴き手にはきれいなメロディとなって聴こえてきます。音符と休符のバランスも取れているので、聴き手は消化不良にならずに田窪さんが紡ぎ出すメロディーを常に楽しめると思います。

 それに加えて見事なのがタッチの使い分け。例えば、3連符や16分音符の速くて長いフレーズでも、その中で特に際立たせたい部分だけタッチを強くすることで、効果的にアドリブのメロディを浮き出させています。

 共演歴の長いトリオだけあってバンド全体の一体感も抜群です。決めるべきところはしっかり決めて、強力にスイングしてくれるでしょう。

▲top
  2018-6-9(sat)  昼:谷口英治初心者向けジャズセミナー 第3回
 ジャズリスナー向けのシリーズセミナーの第3回です。洗足学園で教鞭を取るクラリネット奏者、谷口英治さんの解説と洗足の学生ピアノトリオによるデモ演奏によって、ジャズという音楽の仕組みや聴いて楽しむためのポイントを理解し、ジャズをさらに楽しめるようになっていただこうという企画です。

 今回のテーマは「アレンジに注目するとジャズの面白さが倍増する!?」。何も決めずに始める(ように見える)ジャズのセッションは、一見アレンジとは無縁に思えますが、じつは演奏者は瞬間瞬間に絶妙のアレンジメントを考えながら演奏しています。また演奏前にほんの少しだけ打ち合わせ(ヘッドアレンジ)するだけで、かなりの内容の「仕掛け」を施すことも可能です。そして、もちろん事前に込み入ったアレンジを作りこんでおくこともあります。…等々、コンボ演奏におけるアレンジのあれこれや濃淡を、実演実験を交えながら解説します。

・「アレンジ」って何?/アレンジを変えると全く別の曲
・スイングだけがジャズじゃない!/ジャズで使用する様々な種類のリズム
・打ち合わせだけでどこまでいけるか?/ヘッドアレンジの妙
・キメキメを楽しむのもまた一興(笑)

 2か月に1回のペースで6〜7回のシリーズで続けて行く予定です。今さら聞けない疑問も解消しますよ!

講師/リーダー 谷口英治(cl)
小沢咲希(p),菊池 藍(b),利光玲奈(ds)

開店:13:00

解説:13:30〜15:00
演奏:15:30〜16:00

参加料:3,800円(税込)
▲top
  2018-6-11(mon)  纐纈歩美(as)トリオ
【member】
纐纈歩美(as),田中菜緒子(p),安田幸司(b)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)

纐纈歩美さん(as)のトリオです。最近になって厚みが増した音色とモチーフ展開など構成力のあるアドリブで楽しませてくれそうです。前回は田中菜試qさんとのデュオでしたが、今回はLydian登場比率が高くミュージシャンからの信頼が厚い安田幸司さんが加わります。

 ベースが入ることで自由度が増す田中さんのバッキングが、纐纈さんのアドリブの休符にどう突っ込んで来るか、それに纐纈さんがどう反応していくか。このあたりが聴きどころの一つです。3人のスリリングなインタープレイを楽しみに来て下さい。
▲top
  2018-6-12(tue)  山本玲子(vib)トリオ
【member】
山本玲子(vib), maiko(vln), 阿部篤志(p)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-6-13(wed)  ジーン下里(gt) スペシャル・クインテット
【member】
ジーン・エス・下里(gt),レイモンド・マクモーリン(ts),曽根麻央(p),中村健吾(b),ジーン・ジャクソン(ds)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:4,000円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-6-14(thu)  Masayo(vo) 7th solo album "Contigo" 発売記念ライブ
【member】
Masayo(vo),太宰百合(p),佐野聡(tb),早川哲也(b), 岡本健太(per)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。


ラテンシンガーMASAYOさんのCD「CONTIGO」発売記念ライブです。タイトルは「あなたとともに」という意味で、MASAYOさんが長年温めていたラテンミュージックへの想いを、共演2作目となる太宰百合さん(p)のアレンジで実現した作品となっています。

 背が高くてステージ映えのするMASAYOさんのライブはとにかく楽しいです。声は明るく張りがあって表情の作り方もうまく、お客様と一緒になって音楽を作っていこうという姿勢が感じられます。ジャズとはまた違う音楽の楽しみ方ができますし、もちろんアドリブの魅力もバッチリ聴けます。
▲top
  2018-6-15(fri)  黒木美紀(vo)/三好功郎(g)デュオ
【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 黒木美紀さん(vo)と三好功郎さんのデュオ、Lyhdianではすっかり恒例となりました。宮崎県出身の黒木さんは、2014年から東京でライブ活動を開始しました。東京でのライブ歴はまだ浅いですが、赤丸急上昇必至のシンガーです。

 まずエッジがあってよく響く声が魅せます。英語、ポルトガル語とも発音は自然で乗りもよく、聴いていて気持ちが良いです。高い方から低い方までこれだけの響きで歌うシンガーは少ないと思います。スキャットもピッチは正確だしフレージングも自然です。 

 黒木さんは、時折目をつぶってちょっぴり顔をしかめ気味に歌うことがあってそれがまた魅力になっていますね。三好‘3吉’功郎さん(gt)の伴奏と超絶テクニックのソロも聴きどころです。MCでは、宮崎弁の黒木さんと大分出身だけど標準語の三好さんの、ボケ/突っ込みのやりとりも楽しめますよ。Lydianが強くおすすめする素晴らしいヴォーカル、そしてもっと上がり目もあると感じさせる素質の持ち主です。まだ聴いたことない方は是非聴いて下さい。
▲top
  2018-6-16(sat)  昼:swingセミナー
 NY在住のピアニスト・クニ三上氏らによる特別セミナーです。長谷川講師と共にピアノトリオでデビューされたクニさんですが、19歳で単身NYに渡り、バリー・ハリスの一番弟子としても知られ、ライオネル・ハンプトン楽団でピアニストを務めるなど、以来ずっとNYで活躍を続けていらっしゃいます。

 今回のSWING講座は、そんなクニ三上さんと一緒にプレイ&トークができるというまたとないチャンスです。特にボーカリストは是非クニさんのピアノで歌ってみてください。目から鱗の貴重な体験ができるはずです。そして、ピアニスト、ギタリスト、ベーシスト、ドラマーなどにとっては、リズム隊としてどうあるべきか、「SWING」ってこういうことだったのかと目からウロコが落ちることでしょう。

講師:長谷川明彦(Dr)、座小田諒一(Ba)

スペシャルゲスト:クニ三上(Pf)
http://www.kunimikami.com/jp/profile/profile.html

アシスタント:神多恭子(Pf)

11:30開店 12:00スタート 17時終了(中途入退場自由)

プレイ:4000円+1drink 見学:3500円+1drink
※食べ物は持ち込みOKですがゴミはお持ち帰りお願いします。

ゲスト:クニ三上(Pf)
19才で単身ニューヨークに渡り、バリー・ハリス氏最初の日本人生徒となる。ノーマン・シモンズ氏にも師事し歌伴奏の極意を学び、後にダコタ・ステイトン、ジミー・スコットら優れたシンガーのピアニストを務める。スイング・ジャズ・ビッグバンドの名門、ライオネル・ハンプトン楽団に入団、ハンプトンの亡くなる2002年まで専属ピアニストを務める。 年に一度開かれる「ライオネル・ハンプトン・国際フェスティバル」に毎年参加し、「米国ジャズ人名辞典」にも紹介されている。妻、息子とニューヨーク在住。

講師:長谷川明彦(Dr)
1982年-1992年在米。フランク・ガント(アーマッド・ジャマルのレギュラードラマー)に師事。NYのライブハウス(ニューヨーク・ブルーノート他多数)にてジュニア・クック、トミー・タレンタインなど往年のジャズミュージシャンらと多数共演。2006年、What's New Recordsより、クニ三上とピアノトリオでメジャーデビュー。日本人では数少ない躍動的にSwingするジャズドラマー。

サポート:座小田諒一(Ba)
2002年、高校卒業と同時に単身渡米、アラバマ州North Alabama University にてクラシックコントラバスを専攻。同大学在学中にジャズの魅力に目覚め、2005年よりニューヨーク州New School Universityに編入。Joe Chambers(ds), Carl Allen(ds), Kiyoshi Kitagawa(b), Andy McKee(b) の各氏に師事。卒業後は、ニューヨークの様々なシーンで演奏し、研鑽を積む。2011年8月、帰国。現在、都内近郊の多くのクラブに出演中。

アシスタント、企画、主催:神多恭子(Pf)
IIDA JAZZ SCHOOLで実技と理論を学び、エレクトーンデモンストレーターとして活躍し、ヤマハミュージックメディアよりアレンジ多数出版。坂本輝、西直樹に師事。2015年よりジャズピアニストとしても活動開始。


▲top
  2018-6-16(sat)  夜:青木タイセイ(tb)カルテット
【member】
青木タイセイ(Tb・鍵盤ハモニカ),宮野裕司 (as),安東昇(b),坂口良太(gt)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
▲top
  2018-6-17(sun)  昼:村田千紘(tp)トリオ
【member】
村田千紘(tp),北島佳乃子(p),高橋陸(b)

【Show Time】
開店:13:00
1st Stage:13:30〜14:30
2nd Stage:15:00〜16:00 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

村田千紘さん(tp)がトリオで登場です。村田さんは、吹奏楽部でフレンチホルンから吹き始め、高校時代には全国コンテストで優秀賞を取ったという実力の持ち主です。

 トランペットという楽器でジャズの速いアドリブを吹くのは実はけっこう難しくプロの演奏者でも音が裏返ることがあるくらいですが、村田さんはリップコントロールがしっかりしていて、速いフレーズや跳躍するフレーズを吹いてもとても安定しています。

 アドリブフレーズはハードバップに根ざしたメロディアスなもので、クリフォード・ブラウンやリー・モーガンからの影響も感じさせます。今回のピアニストはバップ大好きの北島佳乃子さんということで、相性はバッチリです。メロディアスなバップイディオムが炸裂するライブになるはずです。是非お越し下さい。
▲top
  2018-6-19(tue)  寝占 友梨絵 (vo)/瀬田創太(p)デュオ
【member】
寝占 友梨絵 (vo),瀬田創太(p)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 寝占友梨絵さん(vo)が瀬田創太さん(p)とのデュオで初登場します。寝占さんは国立音大でピアノを学ぶも、ジャズヴォーカルの楽しさに目覚め、卒業後はヴォーカリストとして活動を始めたという変わった経歴の持ち主です。

 2014年には数多くのプロシンガーを輩出している浅草ジャズコンテストヴォーカル部門でグランプリを獲得しました。国内のジャズフェスでの活躍に加え、モンゴルなど海外からも招聘されるなど活動の幅を広げています。

 歌い方はとても個性的です。情緒たっぷりにバラードを歌うかと思えば、しっかりしたテクニックに裏打ちされたスキャットで自在にアドリブします。パーカーの高速難曲であるDonna Leeもテーマを正確に歌い、アドリブスキャットもこなしてしまう、こんなヴォーカリストは滅多にいません。

 ピアノ弾き語りもこなす寝占さんですが、今回は瀬田創太さんとのデュオ。どんな面を見せてくれるのか、とても楽しみです。
▲top
  2018-6-20(wed)  Bossa Eterna(犬塚彩子/山口夏実)
【member】
犬塚彩子(vo・gt),山口夏実(p)

【Show Time】
開店 18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

 恒例となったBossa Eternaのライブ、3回目です。スタンダード曲をアドリブ素材としてとらえることが多いジャズに対して、ボサノバは曲の良さを最大限に表現するし、押し付けがましいところがないので、曲の美しさ、音楽の美しさをゆったりと存分に楽しめるんですよね。スタンダード曲(アメリカンポピュラーソング)の書き手に勝るとも劣らない素晴らしい技法で作られたJobimの曲などは本当に聴き惚れます。

 犬塚さんと山口さんのデュオは、ボサノバの魅力をストレートに伝えてくれる素晴らしいユニットです。耳に常に柔らかい音で入ってきて、シンコペーションも過剰にならず、どの瞬間も気持ちが良いんです。音はソフトでも、歌もギターもピアノもとても良く響くLydianの中で、気持ちよく聴いていただけると思います。

 犬塚さんがギター弾き語りでテーマを歌い、中間部で山口さんのアドリブというのが基本のパターンですが、Lydianのピアノに惚れ込んでいただいている山口さんのアドリブが歌っていてとても気持ちが良いんです。ファンの方はもちろん、ボサノバのライブは聴いたことがないという方に、一度は足を運んでいただきたいです。
▲top
  2018-6-22(fri)  Oya-Z's(田口理恵/山野友佳子/多田誠司)
【member】
田口理恵(vo),山野友佳子(p),多田誠司(sax,fl)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。
▲top
  2018-6-23(sat)  坂元杏理(vo)/瀬田創太(p) デュオ
【member】
坂元杏理(vo)瀬田創太(pf)

【Show Time】
開店 18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:3,300円(税別)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します。

坂元杏里さん(vo)が初登場です。坂元さんの特徴である軽やかで柔らかな声が、Lydianのリヴァーブ空間にどう響くのか、とても楽しみです。デュオの相手は独創的で魅力的な歌伴を得意とする瀬田創太さん(p)。アレンジのうまさも相まって坂元さんの魅力を最大限に引き出してくれるでしょう。

▲top
  2018-6-26(tue)  アコースティック・ウェザー・リポート
【member】
クリヤ・マコト(p),納浩一(b),則竹裕之(ds)

【Show Time】
開店:18:30
1st Stage:19:15〜20:15
2nd Stage:20:45〜21:45 ※入替なし

【System】
ミュージックチャージ:4,000円(税込)
※チャージに飲食代は含まれておりません。
※お一人様別途1ドリンク以上のご注文をお願い致します

 アコースティック・ウェザー・リポートが初登場です。その名の通り、あのウェザー・リポートの音楽をアコースティックピアノのトリオで表現しようという発想で2015年に結成されたプロジェクト。2016年に同名のCDもリリースしていますが、さらに活動を広げるステージに入ったようです。

 クリヤマコトさん(p)はコンテンポラリーな演奏を得意とし、ヨーロッパを中心にワールドワイドで活躍する人気ピアニスト。カッコ良い音使いと切れ味鋭いタッチ、独特の間の取り方が特徴的です。

 納浩一さんはバークリー音楽大学留学時にエディ・ゴメス賞を2回受賞するなど早くから才能を表した日本を代表するベーシスト。ブンブンと突っ込んでくるビートの力強さは余人の追求を許さないものがあります。スタンダード・バイブルの編集者としても有名ですね。

 則竹裕之さんはTHE SQUAREのメンバーとして活躍した説明の要もないほどの名ドラマーです。渡辺貞夫、渡辺香津美などのトップミュージシャンとの共演歴も長く、ジャズ・フュージョン界を長年に渡って牽引しています。
▲top
  2018-6-27(wed)  Jam Session 佐藤まさみ(p)+中野優樹(b)
【スケジュール】
18:30開店
19:15スタート

【参加料】
\2,200(税込)+オーダー

 セッションホストで定評のある佐藤まさみさんがリードするセッション、ヴォーカル、楽器どちらも大歓迎。ホール的な響きのLydianのステージでお楽しみください。ピアノ、管楽器、歌は特に良く響くので気持ち良いです。特にピアニストは、柔らかい音色でしかもよく鳴るヤマハC5を是非弾いてみてください。ドラマーは少し控えめに叩いて頂けると全体のバランスが良いようです。

ピアノ:ヤマハC5
ベースアンプ:Galien Kruger+AMPEG BA115
ギターアンプ:ローランドJC120
ドラムセット:ヤマハ BopKit
▲top
  2018-6-29(fri)  Jam Session 外谷東(p)/菅原正宣(b)
【ホスト】
外谷東(p),千葉征央(b),ドラム歓迎

【スケジュール】
18:30開店
19:15スタート

【参加料】
\2,200(税込)+オーダー

 セッションホストで定評があり外谷東さんとベーシスト菅原正宣さんがホストのジャムセッションです。ヴォーカル、楽器どちらも大歓迎。ヴォーカルの方は外谷さんの歌版が抜群なので気持ちよく歌えますし、管楽器もよく響きます。

 ピアニストの方にも激オススメです。柔らかい音色で、なおかつ強いタッチも弱音も弾き手の意図通りに応えてくれ、しかもよく鳴るヤマハC5を是非弾いて見て下さい。Lydianで演奏されたミュージシャンは、プロもアマも響きの良さに驚かれて、自分がうまくなったように感じると仰って頂いています。お待ちしています!

ピアノ:ヤマハC5
ベースアンプ:Galien Kruger+AMPEG BA115
ギターアンプ:ローランドJC120
ドラムセット:ヤマハ BopKit
▲top
CGI-design